新築一戸建てに二重窓を施工するメリット

新築一戸建ては最新の技術を応用した設計が可能です。断熱性の高い住まいは、快適に暮らせるだけでなく、光熱費を節約できるので家計の負担が軽減できます。断熱性の高さは壁材や外壁塗装だけでなく、開口部にも求められます。開口部は家族が出入りする玄関や、庭への出入りに利用できるリビングルーム、キッチンの勝手口などがあります。換気用の窓も重要です。玄関扉は壁と同様の断熱性を備えさせやすいのですが、リビングルームの大型な窓枠はガラス面で、換気用の窓と変わりのない厚さや断熱性になりがちです。リビングルームの大型な窓枠部分を、二重窓に施工すると、壁材と同様の断熱性が備わります。二重窓はガラス窓とガラス窓とを二重のサッシに施工するスタイルですから、ガラス窓とガラス窓との間には空気層が生まれます。窓枠はリフォームが容易ですが、二重窓の施工はリフォームよりも新築一戸建ての設計で完成させておいたほうが、窓枠の外側の壁材へのダメージを軽減できます。新築一戸建ては自由な設計にも対応しやすいので、二重窓に施工するときは最初の段階で設計してもらうようにしましょう。二重窓は壁材の厚みそのままの断熱性を発揮できるだけでなく、壁材と同じ厚みに整えられるので、窓枠だけが強度が弱くなる心配もありません。二重窓は断熱性と耐久性も高くなります。

高石市 新築一戸建て 4009 6/4

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建てに二重窓を施工するメリット.